自然との触れ合い

自然と触れ合う園芸農業療法とは?

当施設は「リハビリ」を行うことで、ご本人さまの心身機能のレベル向上や重度化防止にも努めています。一言に「リハビリ」といっても、様々な種類がありますが、当施設では「園芸農業療法」という、土や自然に触れ合う独自の手法を取り入れています。
植えて、花が咲き、実がなり、収穫し、処理し、調理し、飲食することにより、「期待・楽しみ・回想」を一年かけて取り組む活動です。

園芸農業療法
園芸農業療法

入所者や利用者への効果は?

1年を通じて要介護者の方が、昔から従事してきた事に生きがいをみいだし、精神面の向上、身体機能の維持・向上が期待できました。

園芸農業療法
園芸農業療法

入所者の声

  • 昔は色んな種類を作っていた・・・
  • 野菜は作ってなかったけど、牛を飼っていたなあ。昔を思い出すなあ。
  • 去年、キュウリの漬け物がおいしかった。今年も楽しみだ。
園芸農業療法
園芸農業療法

※生活歴や、育て方など話が広がる効果もあります。

作っている作物

作っている作物

全62種(1年で)
1年を通して行っている活動です。

館内

館内収穫物
【野菜】
キュウリ、トマト
【花】
メランポジューム、ふうせんかずら、セントポーリア、ひまわり、あさがお

館外

館内収穫物
館内収穫物
【春】
菜の花、人参、小麦、たけのこ、アスパラ、キャベツ、スナップえんどう、そら豆、グリンピース、山ぶき(きゃらぶき)、お茶の葉、ホーレン草、小松菜、木の芽(山椒味噌)、しいたけ、うど、玉ねぎ、馬鈴薯
【夏】
梅、らっきょう、胡瓜、ピーマン、ナス、モロヘイヤ、オクラ、ニガウリ(ゴーヤ)、トマト、南瓜、キャベツ、インゲン、トウモロコシ、人参、大葉、バジル、つるむらさき、スイカ、冬瓜
【秋】
しいたけ、米、焼き米、大豆、里芋、さつま芋、ブロッコリー、青梗菜、小松菜、ホーレン草、銀杏、かぼす、ゆず、黒豆、小豆、茶豆、キウイ、くり、柿
【冬】
人参、大根(かぶ聖護院)、白菜、ごぼう